« インナーイヤーレシーバー | Main | New StarWars series »

2005.04.07

里山

何故私のヘッポコサイトのエントリーへのトラバなのか意味不明。
トラバ間違いではないかと思う今日この頃。
でも思う所があるので書き連ねてみようかなと。

「里山は保護するもので造るものではない。」

極論を云うと、確かにその通り。
でも、エセ自然だとしても造られた物だとしても、そうでもしないと後世へ残らない物もあると思う。伝えられないものもあると思う。

他人からしたらホントにつまんない事でしょうけど、ウチのムスメと里山公園へ遊びに行った時にこんな事がありました。

園内にそれこそ渓流とは程遠いお世辞にも川とは云えない様な水路に毛が生えたような川もどきがあるんです。丘の斜面には笹が生えていて、ボクが祖母(だったかな?)から教えてもらった笹舟の作り方を娘に教えてあげて一緒に作って水に浮かべて遊んだんですよ。上手に作れるまでいくつもいくつも娘は作りました。

多分ボクの娘は作り方を一生忘れないでしょう。もしかしたら娘が結婚して子供を生んでその子供にこの公園で笹舟の作り方を教えてあげるかもしれない。この公園がなかったらボクが祖母から教わった笹舟の作り方を娘に教える事はなかったでしょう。自分の持ってるつまんない知識を後世へ直接伝える事はなかったでしょう。

だからって訳じゃないですが、金儲けが裏で絡んでいようと偽の自然であろうと、土や水に触れて、草木の匂いがするこの公園があってよかったなと思いました。

「一般人をナメてるもいい所である」かどうかは当事者一人一人が決める事。そういう場所があってよかったと思う人が一人でもいればそうは言い切れないと思う。

|

« インナーイヤーレシーバー | Main | New StarWars series »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 里山:

« インナーイヤーレシーバー | Main | New StarWars series »